読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

カテゴリ

本・書評

【書評】『完全残業ゼロのIT企業になったら何が起きたか』長時間労働に苦しむ経営者&社畜必読の一冊!

株式会社アクシアという企業がある。東京に本拠地を置き、システムの受託開発を主に手がける会社だ。この会社には、残業がない。「残業代が出ない」でもなく、「裁量労働制だから」でもない。文字通り、残業がない。定時になったら社員もアルバイトも一斉に…

【書評】ホリエモン『すべての教育は「洗脳」である』 自分の中のブレーキを外せ!

久々にホリエモンこと堀江貴文さんの著書を読んだ。3月に発売された最新刊『すべての教育は「洗脳」である』。すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)[Kindle版]posted with ヨメレバ堀江 貴文 光文社 2017-03-17 KindleAmazon[書…

【書評】人生はもっともっと楽しくできる。ホリエモン『君がオヤジになる前に』

ホリエモンこと堀江貴文さんは、実業家として活躍しつつこれまでに大量の著作を発表されてます。「寿司屋に何年もの修行はムダ」発言でもわかるように、堀江さんは時間対効率を非常に重要視する方です。そのため、彼の著作はとにかく読みやすく作られてます…

【書評】人は働くために生きるのではない!『人工知能と経済の未来』

近年、人工知能の技術発展が目覚ましい。膨大なデモ音源の中からヒットしそうな曲を予測したり、スポーツの試合の結果から新聞記事を自動生成したりといった技術はすでに実用化されている。中には、人間の能力を凌駕するものも現れており、将棋や囲碁では、…

オライリーの薄い本まとめ

すべてのプログラマにとって知識と権威の象徴であるオライリー本。緻密に描かれた動物の表紙絵に圧倒的な情報量と質、そして人を殴り殺せるのではないかと思えるほどの暴力的な分厚さがその特徴であり、数多の新人プログラマたちに「これさえ読めば自分も超…