「残業しない」を「がんばらない」と同一視しないでほしい

僕は長時間労働反対派だ。かつて勤めていたIT企業で、100時間を超える残業で死にかけた経験があるし、職場の先輩が過労で倒れて救急車で運ばれたり、全身に謎の皮膚炎を発症したりといった光景も目にした。日本を出てニュージーランドまでやってきたのも、もう二度とあんな残業地獄を経験したくないからだ。だが世の中には…