読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

カテゴリ

【海外就活】採用担当からの電話でテンパりすぎるの巻

どうも。海外無職です。


日本を出てからもう1週間。いつまでも無職ではいられません。金がない。いよいよNZ就活本格始動です。


はたして30歳無職男性が無事海外で定職にありつくことはできるのか。ぼちぼちブログでレポートしていければと思います。


今日はニュージーランドでメジャーな求人サイト、seek で朝から履歴書送りつけまくり活動をしておりました。既に在学中に履歴書は書き上げていたので、ひたすら求人をチェックしてボタンをクリックしていくだけのお仕事です。


週末にKiwiの友人と食事をしたときに、「まずはどんどん応募してみることだよ!どうせ10件に1回くらいしか採用されないんだからw」とありがたいアドバイスをいただいたので、とりあえずWeb系、PHPJavaScriptデベロッパーを募集しているクライストチャーチの案件にがしがしとモーションかけている最中です。


その甲斐あってか、今日は7件応募して、電話1件、メール1通のレスポンスをいただきました。最初の打率としては悪くないんですかね、これ。


しかし、いまだにKiwiと英語で電話で会話するのは全然慣れません……。せっかく採用担当者から電話かかってきたのに、めちゃくちゃ緊張してまともな英語が出てこず、

「Yes! I'm finding a job!」
「Thank you so much!」
「Have a good night!!」(昼の3時)

くらいのテイストで会話終わっちゃいましたよ……。もっといろいろお話すればよかった。


「こいつ英語いまいち通じねぇな、やめとこ」と思われてなければいいんですが。一応、希望に見合うポストがあったら連絡するね、と言われてるのですが、はてさてどうでしょうか。


メールの方は、求人についてもう少し詳しい話がしたいのでいつ電話すればいい?という問い合わせだったので、昼間ならいつでもOKですよ〜と返しておきました。Java + JavaScriptの開発者募集で、前職の経験が多少は活かせそうなんですよね。こちらも明日以降電話がかかってくることを期待。次はもう少し落ち着いて話せるようにがんばろ。


本日は以上です。