読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

カテゴリ

【海外就活】初めて一次面接突破したぞ!

どうも、海外就活生のはっしーです。


先週受けてきたこちらの面接なんですが、

nzmoyasystem.hatenablog.com


無事一次面接を通過しました!

*     +    巛 ヽ
            〒 !   +
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +   
      ,-     f
      / ュヘ    | *   
     〈_} )   |
        /    ! + 
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――


「来週中に結果をお知らせしますね」と言われて、結果が来たのが金曜日の夕方ですよ。


なかば諦めていて、結構な手応えだったのに、あれでだめならどれだけがんばればいいんだ? とか考えてたんですが、いやー、なんとか通過できて良かったです。


次は再来週に技術的なトピックに関する面接があるとのことです。1社目の面接では、デザパタやディペンデンシーインジェクションの説明に手間取って、あまりいい印象を残せなかったので、今回はしっかりと予習してのぞみたいところです。


詳細は後日送付してもらえるそうですが、ほかの会社の例では、カンタンな FizzBuzz 程度の問題から、コードの中のバグを見つけ出す問題、処理速度改善の提案、クラス設計をさせるものなど、けっこう幅広い内容を聞かれるようです。とはいえ、英語力関係なく、純粋な技術力を見てもらえるという意味では、一般の面接よりやりやすいかもしれませんね。


懸念があるとすれば、すでに「日本人を採るメリット」をアピールする段階は終わっていることでしょうか。ほかの候補者の中に、筆者を上回るプログラミング能力のある人がいれば、それでおしまいです。筆者は自称プログラマとはいえ、職業プログラマの経験はほとんどなく、ほぼ独学でここまでやってきました。それがどのくらい通用するかが気がかりではあります。


ま、ほかの候補者のことなんて考えてもどうにもならないんで、自分のベストをつくすだけですけどね! ぬかりなく準備をして、後日良い報告をしたいところです。がんばります。