読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

「レジスタンス:アヴァロン」の戦略についての考察

ゲーム

突然ですが皆さん「レジスタンス:アヴァロン」というゲームをご存知でしょうか。

レジスタンス:アヴァロン日本語版

レジスタンス:アヴァロン日本語版


「人狼ゲーム」によく似た、青陣営赤陣営に分かれて自分の正体を隠しながらチームを勝利に導くゲームです。筆者の隣の家に住んでる友人がこの手のアナログゲームが大好きで、週1〜2のペースで招かれて遊んでるんですが、これがまぁ全然うまくならない。あんまりにも悔しいのでその戦略について考えてみます。今回は、筆者が最もよくプレイしている、プレイヤーが6人の場合をとりあげます。


ルール

概略を以下に示します。読むのがめんどくさい人は「青のクエストを赤が邪魔するゲーム」とイメージしてもらえれば大丈夫です。

  1. ゲーム開始前に、各プレイヤーに役職カードをランダムに配る。
  2. 1ゲームは5つのクエストからなる。クエストはメンバー選出フェイズと遠征フェイズからなる。
  3. メンバー選出フェイズでは以下のことを行う。
    1. 直前のリーダーの左隣のプレイヤーをリーダーとする(初回クエスト時は適当に決める)。
    2. リーダーはプレイヤーの中からクエストのメンバーを選ぶ。メンバー人数は2→3→4→3→4と変化する。
    3. 各プレイヤーは話し合いをし、選ばれたメンバーでクエストを行って良いか投票する。
    4. 反対票が賛成票と同数かそれ以上の場合、リーダーの左隣のプレイヤーを新たなリーダーとし、メンバーを決め直す。
    5. 賛成票が反対票を上回った場合、遠征フェイズを行う。
  4. 遠征フェイズでは以下のことを行う。
    1. クエストのメンバーは「成功」「失敗」の2枚のカードが受け取り、一方を投票する。青陣営は必ず成功を投票しなければならない。
    2. 投票がすべて「成功」だった場合クエストは成功、1枚でも「失敗」が混じっていれば失敗となる。
  5. 5つのクエストのうち3つを成功させれば青陣営の勝ち、3つを失敗させれば赤陣営の勝ちとなる。


特殊な役職を含めたルールは以下のサイトに詳しく載っています。

coronavi.jp

役職

青陣営(正義)

  • 戦士: 何の能力も持たず、誰が青陣営で誰が赤陣営かもわからない。
  • マーリン: 赤陣営が誰かをゲーム開始前に知ることができる。ただし自分がマーリンであることは隠さなければいけない。

赤陣営(悪)

  • 戦士: 何の能力も持たないが、赤陣営が誰であるかをゲーム開始前に知ることができる。
  • 暗殺者: ゲーム終了後にプレイヤーをひとり指名する。そのプレイヤーがマーリンだった場合、ゲームは赤陣営の勝ちとなる。

特殊な役職はたくさんあるのですが、筆者はマーリンと暗殺者のみを加えたルールでプレイしています。

青陣営の戦略

マーリンをかばいきる

赤陣営が誰か最初からわかっているマーリンは非常に強力ですが、正体を知られると暗殺者に殺されて負けになるので、赤陣営がクエストメンバーに選ばれたとき常に反対票を投じるようなわかりやすい行動は避けつつ、クエストを成功に導くという高度なプレイが要求されます。そのためどうしても行動が目立ってしまいがちです。


したがって、マーリン以外のメンバーが積極的に相手を疑う発言をしたり、大した根拠もなく反対票を投じたりすることで、マーリンが動きやすい状況を作ってやることが大事だと言えます。マーリンと赤陣営が激しく論戦しあう展開になるとだいたい暗殺されて青陣営の負けです。

クエストを成功させるゲームだと心得る

人狼を経験していると、赤陣営を見破るゲームだと勘違いしがちなのですが、このゲームの勝利条件はクエストを3回成功させることです。誰が赤陣営かを推理することよりも、クエストの成功を優先させましょう。たとえば、リーダーになった場合は自分自身をメンバーに入れるというテクニックが考えられます。メンバーが3人のクエストのとき、自分以外の3人の青陣営を選ぶのと、自分を含めた3人を選ぶのでは、後者のほうが3倍成功確率が高いですよね。

赤陣営の戦略

クエストでの振る舞いに気をつける

基本的にクエストでは失敗票を投じればいいのですが、問題は赤陣営全員がメンバーに選ばれた場合です。このとき、赤陣営全員が失敗に投票すると、かなり正体がばれやすくなってしまいます。メンバーが2人のクエストで、赤陣営だけがメンバーに選ばれた場合を考えるとわかりやすいです。2人とも失敗に投票したらゲームが終わってしまいます。そのため、赤陣営が1人なら失敗、2人なら成功に投票するのがよいでしょう。

と考えてみたものの

人狼ゲームでの占い師となりすましの関係のように理詰めで明らかにしていける要素がずいぶん少ないので、このゲーム、かなり赤陣営に有利にできてると思います。メンバー増やして特殊役職いれればまた違うのかもしれませんが、筆者はこのルールでしかプレイしたことないので正直わかりません、汗


あまり推理にやっきにならず、誰が味方なんだか敵なんだかわかんねー! っていう開き直った態度でプレイするのが結局一番楽しめるんじゃないか、という身も蓋もない結論になったところで、今日はおしまいにします。なにか新しい戦略思いついたら追記するかもしないかも。


人狼 ~嘘つきは誰だ?~カードバトル

人狼 ~嘘つきは誰だ?~カードバトル