読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

カテゴリ

ちょまどさんのマイクロソフトエヴァンジェリスト就任から学ぶ、楽しい人生を送る3つのヒント

2016年も早いもので3月が終わりますね。そろそろ日本は桜の季節、友人がフェイスブックに上げる写真を見ながら花見が恋しくなる今日このごろ。ニュージーランドはサマータイムが今週末で終わって長い冬に突入します、ぶるぶる。

さてさて、そんな時期にエンジニア界隈がにわかに沸き立つホットなニュースが飛びこんできました。プログラマ兼マンガ家として活躍されているちょまどさん (
@chomado)が、マイクロソフトにエヴァンジェリストとして就職されたとのことです。

codeiq.jp

ちょまどさんについては、ちょうど大学を卒業されるあたりから Twitter をフォローしていて、SIer でテスターとして疲弊している頃のつぶやきも心配しながら読んでましたので、マンガの連載を始めたかと思ったらあっという間にマイクロソフトにヘッドハントされるという最近の活躍っぷりには胸を打たれます。もうマジでおめでとうございます!!!! すごいほんとすごい。

実に楽しそうな人生を送られているちょまどさん。今回のニュースから、楽しい人生ってどうすれば手に入るのか? というヒントがいろいろと見つかります。大きく3つにまとめてみました。

特技が複数ある人は放っておかれない

単にプログラミングが上手いだけの人ならたくさんいます。しかしマンガが書けるプログラマはそうそういません。さらにマイクロソフトの役員面接を乗り切るだけの英語力を持っている人ともなれば、日本中探しても何人いるんだ? ってなりますよね。

ちょまどさんはそんな、プログラミング × マンガ × 英語 という特技の持ち主なわけです。おまけにフォロアー数1万人以上を抱える影響力。そりゃ各種メディアから連載の依頼も来るし、マイクロソフトからもエヴァンジェリスト = 伝道師としてお声もかかるでしょう。この3つの特技のどれが欠けていても、今回のキャリアチェンジは無かったのではないでしょうか。

複数の特技がある人は、周りが放っておきません。実務の能力に加え、絵や音楽、文章などの表現手段、さらに語学や会計といった普遍的なスキルがあるとかなり重宝されます。他人に影響を与える、役に立つという経験は、人生を楽しく充実した物にするのに一役も二役も買うでしょう。

特に、インターネットが完全に生活の一部となった現代、絵が描ける人はめちゃめちゃ有利です。ブログのようなテキストメディアでは内容を読者に伝えるのに時間がかかりますし、シェアされても中身までは読んでもらいにくい。その点、絵やマンガならば一瞬で読者に伝わるし、Twitter でシェアもされやすい。絵が得意な人はどんどんアウトプットしていけば、自然と外から声がかかるようになるんじゃないですかね。

理想を追い求める人に理想の環境はやってくる

ちょまどさんは新卒で就職した SIer をわずか3ヶ月で退職し、プログラマとして転職しています。ストレスフルな職場で消耗してしまったという事情があるにせよ、「最低3年は同じ会社に勤めるものだ」という風潮もいまだ根強い日本社会にあって、合わない職場からすぐに飛び出して理想の環境に入り直した行動力は素晴らしいです。最初の SIer においても、テストの自動化を上司に提案されており、妥協せず理想を追求する方という印象を受けます。

当たり前の話ですが、現状に不満を言っているだけでは状況は何も変わりません。理想を求め現状を変えようと努力することで、理想の環境が向こうからやってくる。

今の仕事に不満を抱えている人、ストレスで押しつぶされそうになっている人は、上司に改善を提案するなり転職を考えるなり、何かしら行動を起こしてみましょう。そこから何かがいい方向に変わります、必ず。

やりたいことを全部やろう

最近このブログのテーマは「一度きりの人生、やりたいことをやりたいようにやろう」なんですが、今回のちょまどさんのニュースを読んで、まさにそんな生き方をされているなぁと感じてました。

プログラミングとマンガ。その両方が大好きで、新卒で入った会社もすぐに辞めてプログラマにジョブチェンジし、Twitter で情報発信していたらマンガの連載を持つようになり、そして今回、文系出身の20代エンジニアとしては異例の大抜擢。

人生は、やりたいことを全力でやる人が楽しくなるようにできている。常識やしがらみにとらわれて我慢する必要なんかない。最近ちょっと話題の"新卒フリーランス"もそうですけど、周りがなんと言おうとやりたいことやるのが一番ですよ。僕も会社辞めて留学するの、最初は躊躇しましたが、周りに遠慮せずに踏み切ってほんとよかったと思ってます。毎日幸せでしょうがないもの。

末筆になりましたが、ちょまどさんのさらなるご活躍を、地球の裏側からお祈りしております! うちの会社でも C# 使ってるからそのうち宣教にきてくれないかな、遠いけど。