読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

カテゴリ

ニュージーランドでの「本気の語学留学」ってどんな感じ? 留学生にインタビューしてみた!

ニュージーランドは旅行先としてだけではなく、留学先としても人気のある国です。特に日本から語学留学にやってくる人は多いですね。クライストチャーチでも短期留学中であろう大学生をよく見かけます。

しかし、せっかく留学しに来てるのに、いっつも日本人同士で固まって、現地の友人を作ろうともしない生徒が多いのも事実。それって海外旅行と何が違うんでしょ?

どうせ英語を勉強するなら、半年〜1年程度時間をかけて「本気の語学留学」してみるのはどうでしょうか?

ということで、ニュージーランド最大の都市・オークランドに校舎を構える語学学校、 Education First Auckland さんに取材に行ってきました!

f:id:imo_jo_chu:20161103155948j:plain

日本人学生にインタビューさせていただきました

カンの良い方はすでにお気づきでしょう。そうです、本記事は世界44カ国で語学学校を運営する語学研究機関、Education First (以下、EF)のPR記事です。

f:id:imo_jo_chu:20161106163223p:plain

発端は、EF の担当者さんからお問い合わせフォーム経由で PR 記事執筆依頼をいただいたことでした。普段はこういった依頼やアフィリエイトのオファーなどには反応しないんですけど、EF さんの文章からは「好奇心をもって勉強しようという人々の力になりたい!」という想いがあふれていたので、これは一肌脱がねばという気持ちになったんです。

しかしですねー、普段このブログで PR 記事って書いてないし、言われたとおり宣伝するだけじゃただの提灯記事です。しかも僕自身、EF さんのプログラムを利用した経験もないんで、良さも悪さもわかんないわけですよ。

それで、「ただの PR 記事じゃつまんないんで、実際の学生さんにインタビューさせてくださいよ!」と逆オファー。快く承諾していただき、ふたりの生徒さんをご紹介いただきました。ありがとうございます!!


Yさん: 女性、留学6ヶ月目。クラスは中級レベルに所属。


エルモさん: 男性、留学2ヶ月目。クラスは初級レベルに所属。

「英語を勉強したい!」とずっと思っていた


今日はインタビューにご協力いただいてありがとうございます!
さっそくですが、おふたりが「語学留学しよう!」と思ったきっかけってなんですか?


僕はずっとマドンナの曲が好きだったんです! 中学生の頃からとても好きで、特に、歌詞の世界観が日本語の直訳とはまったく違うのがおもしろいなと思って。


そこから、働き始めてからも英語を勉強したいという思いをずっと抱えていて、今回思いきって仕事を辞めて留学しました。


わたしは海外旅行が好きで、英語に興味をもったんです。


社会人になってからも英語をしっかり勉強したいという気持ちはあったんですが、仕事が忙しくて、帰りも毎日夜9時と遅いし……。それで、当時英語を教わっていたオーストラリア人の先生の勧めもあって、思いきって留学してみよう、と決意しました!


おお、おふたりとも、長年英語を勉強したいという希望を抱えていたんですね! 日本での仕事を辞めてでも語学留学に来るその行動力、素晴らしいです!


f:id:imo_jo_chu:20161103155527j:plain

久々の日本語にとまどうくらい英語に浸れる環境


EFって日本人学生はあまりいないと聞いたんですが、実際そうなんですか?


少ないですよ。ヨーロッパか、ラテンアメリカの人が多いですね。フランスやコロンビア、チリとか。日本人は学校全体で30人くらいだから……6分の1くらい?


それは珍しいですね! クライストチャーチの語学学校は日本人や中国人が多いですから。


よく語学留学に来る学生を見かけますけど、日本人ばかりでかたまって行動している人が多くて、これで英語勉強できてるのか? と心配になっちゃいますよ。


ここの日本人はみんなかたまらないですね。個人行動が多いかな〜。


わたしはなるべく日本人だけでかたまりたくない! と思ったからこそ海外に来たので、理想的な環境ですね。


それは英語を本当にできるようになりたい人には最高ですね! ちなみに、ほかの国ではなくニュージーランドを選んだ理由ってなにかありますか?


あ、あの……ちょっとすみません……


え!? どうしました? (なにか失礼なこと言ったかな……)


この学校に来てからほとんど英語の環境で過ごしてきたんで、久しぶりに日本っぽい雰囲気の中に放り込まれて、すごく動揺してるんです! うまく話せなくてごめんなさい!


うわー、こちらこそ無理言ってすみませーん! っていうかそんなに英語漬けの生活が送れてるのはすごいな!!


あとで知ったんですが、校舎内では英語以外の言語で喋るのが禁止なんだそうです! いやぁ、これは否が応でも英語力が伸びますね。

自主性が求められる授業スタイル


EF の授業ってどんな感じなんですか?


カリキュラムは先生によって全然違います。会話が主体だったり、ビデオを活用したりと様々ですね。決まりきった授業のスタイルというのは無いです。


教科には、必須科目の General と、選択科目の Spin の2種類があります。自分の興味によって自由に教科を組み立てられるんですよ!


なるほど、ただ授業を受けるだけじゃなくて、自分で「こういう能力を身につけたい!」と積極的に考えることが求められるんですね!


そうなんです、積極性が常に必要です。授業中の発言があまりに少ないと低いレベルに下げられることもあるらしいので必死ですよ。


それから、授業についてここが合わないとか退屈だなと感じたら、リクエストすると、すぐに対応してもらえます。先生と相性が合わないなと思ったら違う先生のクラスにかえてもらうこともできるし。1回目の授業だけ出て、すぐ別のクラスにいっちゃう人もいますよ。


主体性、積極性って何を学ぶ上でも重要ですもんね! 生徒の語学力向上を第一に考えてることがよくわかるなぁ……。


あとはパソコンを使った授業がとても充実してますね。


お、それは気になる。具体的にどんな感じなんですか?


パソコンに向かってバーチャルな会話練習をする教材があるんですよ。マイクに向けて英語を喋ると、音声認識システムが正解かどうかを判断して、正しい英語なら会話が先に進んでいくんです。


なにそれおもしろそうやりたい

f:id:imo_jo_chu:20161103155724j:plain
生徒用のパソコンルーム

語学留学してみて感じることは?


実際に語学留学してみて、自分の英語力の変化や成長について感じることはありますか?


勉強すればするほど自分の英語力に満足がいかなくなりますね。文法とかボキャブラリーとか、まだまだ知らないことがたくさんありすぎて。今日の授業でもわからない語彙が多くて、もっと勉強しないと! っていつも感じてます。


(な、なんてストイックな人だ……ッ!)


僕は、レベルの低い話で申し訳ないんですが、中学校レベルの文法をちゃんと使いこなせるようになったことで成長を実感してます。たとえば、Did you play basketball? のような過去形の疑問文も、頭でわかっているだけでなく使えるようになったのがうれしいです!


全然レベル低くなんかないですよ、それができない人たくさんいますから。単なる知識が技術に変わるのって楽しいですよね!

おふたりの個性の違いが如実に表れた質問で、インタビュアーとしては非常に興味深かったです。

答えは大きく違いますが、「これができるようになった!」と喜びを感じることも、「まだまだこれができない……」と歯がゆさを覚えることも、両方、能力や技術が身につかないとできないことです。

なにより、この質問に対しておふたりとも即答だったのがうれしかったです。それだけ、日々自分の英語力と向き合ってらっしゃるということだと思います。

英語を身につけて世界に出ていきたいすべての人に


最後に、この先英語を勉強して、達成したい目標があれば教えてください!


わたしは、ニュージーランドの次はカナダかオーストラリアに行って、引き続き英語を勉強していきたいですね。将来は日本で子供向けの英語教育に携わりたいです!


僕は恥ずかしながら、まだ目の前の英語を勉強するのに精一杯で、その先の目標が見つけられてないんです。それがとても悔しいんですけど。だからまずは、とにかく英語をできるようになりたい。その一心ですね。


力強い言葉をありがとうございます。おふたりとも英語を身につけて人生を切り開いていくぞ! という気迫がすごい。これからもがんばってくださいね!!

まとめ

1時間ほどのインタビューでしたが、おふたりとも、高い意欲をもって英語学習に取り組んでいること、EF の授業にもとても満足していることがビシビシ伝わってきました。

オークランド滞在中、この学校のキャンパスの近くに宿を取っていたので、よく校舎の前を通ったんですが、とにかく学生たちが楽しそうなんですよ。それも、いわゆる学生ノリじゃなくて、出身地もバックグラウンドも異なる学生同士が「英語」というツールを使って、お互いを切磋琢磨してる様子がわかるんですね。

語学学校なんだから当たり前だろって思うかもしれませんけど、同じ国の人同士でかたまって、授業以外じゃ英語喋らないなんてケース、珍しくありません。各国の生徒がそれぞれの国のアクセントで英語をしゃべって、コミュニケーションを取ろうとがんばってる環境は貴重だと思います。

Yさん、エルモさんはそれぞれ、EF は「本気で英語をできるようになりたい人」「世界に出ていきたいすべての人」にオススメだと語ってくれました。

どうせ高いお金と時間をつかって留学するなら、ちゃんと語学力が身につくところを選びましょう。せっかくの留学がただの長期旅行になっちゃぁもったいない。

興味のある方は、Education First のニュージーランド留学プログラムをチェックしてみてくださいね!
www.efjapan.co.jp