読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

カテゴリ

今からでも遅くない! メールひとつで9連休を手に入れよう

12月28日、年内最後の月曜日がやってきました。今日が仕事納めという方も多いのではないでしょうか。ちなみにニュージーランドでは26日の土曜日がボクシングデーという祝日だったので、今日はその振替でお休みでございます。まぁ無職無収入求職中の身にはあんまし関係ないんですが。

さてネット界隈では「12月28日に有給を取れるかどうか!?」で悲喜こもごものようです。この月曜日に有給をねじ込めれば、26日から1月3日までの9連休が確定しますからね。休めるかどうかはたしかに大きい。

r25.yahoo.co.jp

「よっしゃ!28日の有休を勝ち取った」
「28日は有休ぶち込む予定だから明日が仕事納め!最高」
「明日明後日仕事面倒だけど、あと2日働いたら連休! 28日は有休使って母と旅行です」
「28日有休とったので26から年末年始休みじゃ!!」
「28日の有給申請が無事通りましたですわよ」
「28日出勤だったけど有給もらったぜよ」

と、高らかに勝利宣言する人がいる一方、

「28日、有休入れるかな…(チラッチラッ」
「仕事納め28日だけど、有給使いてえ」
「他の部署は28日有給取ってる人多いのになんでうちの部署は誰一人休まんのん~~ 余計取りにくい」
「やっぱり28日、有給入れたいなー」

と、なかなか有給使えず歯痒い思いをしている人も多いようです。

今この瞬間も、「ほんとは今日休みたかったのにな〜 いやだな〜」と重い足を引きずりながら出社中の方がいるかもしれません。

そんなあなたに敢えて言いたい。

「風邪ひきました、休みます」とメール一本打てば休めます! 今すぐ家に帰って9連休にしましょう!


仕事一日休んだってどうってことない

皆さん、会社を休むことを怖がり過ぎだと思うんですよね。自分が出社しなければ業務が回らないんじゃないか、取引先に迷惑がかかるんじゃないか、査定に響くんじゃないか、云々。

はっきりいって杞憂です。そんなこと言ってたら、サラリーマンは一生病気になったらダメってことになります。無理な話ですよ。

筆者なんか、連日の残業地獄に耐えかねて職場逃亡したあげく2週間休職したことがありましたが、平然とプロジェクトの業務が回っていたので、なーんだと拍子抜けしたことがあります。それに比べれば、大方の職場はもっと平和でしょう。そんな中で一日休んだって、どうってことありません。心配なら、そのぶん正月明けに働けばいいんです。それだけのことです。

たしかに仮病は良くないけれど

有給使いたいけど使えない、と悩んだあげく、結局有給申請できなかった皆さんは、きっと真面目なんだと思います。当日朝になって仮病で会社休むなんてありえない、とお考えかもしれません。

まぁたしかに仮病は褒められた行為ではないでしょう。でも、みんな今年一年、一生懸命働いてきたわけじゃないですか。ヨーロッパ諸国のように長いバカンスも取らず、有給消化率も決して高くない、ヘタするとサービス残業のような違法行為も平気でまかり通っている、厳しい日本の労働環境で、きっちりお仕事してきたんですよ。

それだけ真面目にやってきたサラリーマンが、年末にたった一日有給取れないなんて、それもおかしな話です。今日くらいは、急に風邪引いて熱出したことにして、そのまま帰ったってバチあたりませんって。「本当は今日休みたかったな〜」と低いモチベーションのまま一日働くより、割りきって休んでしっかりリフレッシュして、年明けからまたがんばって働いたほうがいいんじゃないでしょうか。

そもそも出社したくないのが問題

さらに突っ込んだ話をすると、「年末のたった一日の出社がどうしてそんなに嫌なのか?」について考えてみたほうがいいと思います。

仕事が好きだったり、職場環境に満足していれば、そういった不満は出にくいでしょう。できれば出勤したくないっていうのは、なにか現状に問題があるんです。それはたとえば、今の仕事があんまり好きではなくて、12月28日に限らず毎日出社したくないのかもしれない。あるいは、納会と称して職場でご飯食べるだけの儀式がしょうもないからかもしれない。または、有給をとりづらい会社の雰囲気が原因なのかもしれない。

いずれにせよ、働きたくない、休みが取れない理由と、その改善策について、考える余地はあるでしょう。

サラリーマンが休みたいときに休める社会に

このエントリでは、ほんとは有給使いたかったのに、周りに気兼ねして申請できなかった人たちのために、敢えて仮病というイレギュラーな方法を推してきました。

しかし理想は、働いている人全員が、好きなときに気兼ねなく有給を申請して、好きなときに休めることです。みんな無理して働かないといけない社会よりそっちのほうがずっといいはずなのに、なぜか周りの顔色を気にして黙々と働いているのが今の日本。ぼちぼちそういう我慢比べは終わりにしてほしいですね。

さて、上司にメールを打つ準備は整いましたか?

この年末年始が9連休になるかどうかはあなたの今の決断にかかっています。どうぞよい年末年始を!!!


……あ、来年はちゃんと有給とって休みましょうね〜。


言いたいことが確実に伝わる メールの書き方 (アスカビジネス)

言いたいことが確実に伝わる メールの書き方 (アスカビジネス)

  • 作者: 小田順子
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2011/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログを見る


仕事がイヤになって泣きたいときに読む本。休めないのは、いかにもマズイ。 10分で読めるシリーズ

仕事がイヤになって泣きたいときに読む本。休めないのは、いかにもマズイ。 10分で読めるシリーズ