読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

カテゴリ

【英語学習】ニュージーランド留学を実現させるために使用した教材・サービス

僕がニュージーランドへの留学を決意したのは2012年7月。そこから約1年、システムエンジニアとして仕事をしながら英語学習を継続し、ちょうど1年後の2013年7月、大学の入学に必要なスコアである IELTS Academic 6.5 を達成しました。

今日は、僕が留学準備の1年間で英語学習に使用した主な教材とサービスを紹介します。数は全然多くありません。大学受験英語をそこそこがんばったことのある人なら、以下の内容をこなすだけで留学に必要なスコアには到達するはずですよ!

Cambridge IELTS 10 Student's Book

対策はまず敵を知ることから。IELTSの自習には、この公式問題集を一冊買って、本番を想定して時間を図りながらひたすら解きまくるのが一番です。

IELTSではリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能が求められますが、日本人はライティングとスピーキングが苦手なので、問題集をやり込んでリスニングとリーディングを得点源にしていくと、比較的目標スコアに到達しやすいです。

僕は会社に勤めながら、帰宅後にリスニングとリーディングを1セクションずつ解くというペースで毎日学習を続けていました。その結果、本番ではリスニングで最高7.5、リーディングでは9.0(満点)をマーク。得点源として信頼できるレベルになり、他の科目が多少不調でも全体のスコアが安定するようになりました。

ラングリッチ




スピーキング対策のために利用していたオンライン英会話スクール。1回25分のレッスンを毎朝出勤前にこなしていました。最初は Skype の着信音が鳴るだけで緊張しまくって、話す内容もしどろもどろでしたが、回を重ねるごとに会話がスムーズに進むようになり、成長を実感できましたね。

ラングリッチは講師の皆さんの対応が丁寧で助かりました。レッスン終了後も Skype メッセージでフィードバックを送ってくれたり、本来 IELTS 専門のコースは無いにもかかわらず、IELTS を受験することを伝えるとそれに合わせたカリキュラムを考えてくれたりしてました。某激安オンライン英会話だと講師によって当たり外れが激しくて、やる気のない先生も多いなんて噂も聞きますが、ここはそんなこと一切なかったです。

また、同業他社に比べて音声の品質が良く聞き取りやすいです。講師が自宅から Skype やってるようなところだと回線の状態がどうしても不安定になりがち。短いレッスンの時間を有効に使うためにも音声品質にはこだわったほうがいいですよ。

ラングリッチのskype英会話。

瞬間英作文シリーズ

瞬間英作文シリーズは、非常に短い英作文を繰り返し、最終的には頭で考えなくても英語が口から出てくるレベルを目指す教材です。

「彼は医者です」のような中学1年生レベルの内容から始まり、疑問文、過去形、仮定法、関係代名詞、と次第にレベルアップしていきます。僕の場合は、留学準備開始時点ですでに基礎的な英文法は理解できている状態でしたが、それでも英会話となるととっさにはフレーズが出てこないもの。

瞬間英作文を継続すると、「英語をしゃべる」ことに口と頭が慣れてきます。これだけでも英会話力が格段に上がり、英文が口からスムーズに出てくるようになります。わかっていても使えなかった知識が、ちゃんと使える知識に変わるのは感動しますよ。

Skype 英会話レッスン前のウォーミングアップとして使うのがオススメ。これで口と頭を英語モードに切り替えてから英会話にのぞむと、言いたいことを瞬発的に表現しやすくなります。

中学レベルの英語に自信のない人は『どんどん』、もっと難しくても大丈夫という人は『スラスラ』から試してみてくださいね。

UK PLUS

www.ukplus.jp

IELTS におけるスピーキングとライティングは、なかなか独学が難しいもの。専門の塾に通ってプロの先生の指導を受けるのが効果的です。

UK PLUS は、IELTS の専門コースを備えた数少ない英語塾です。採点基準を熟知した講師によって、ライティングの添削やスピーキングのレッスンを行ってもらえます。試験直前には模擬試験も実施してくれる充実ぶり。

ここのレッスンに4ヶ月通った結果、ライティング 6.0、スピーキング 7.0 を本番でマークし、無事大学への入学基準を達成できました。

名古屋と東京に教室があります。無料で英語レベルチェックを受けられるので(要予約)、近くにお住まいの方は現状分析のためにも行ってみてはいかがでしょうか。エリア外の方も近くにIELTS対策を行っている塾が無いかチェックしてみるのをオススメします。



以上の教材とサービスを活用して、僕は留学に必要な英語力を身につけました。文法や語彙については大学受験を通して勉強した知識があったので、あえて教材は買いませんでしたが、不安のある方は必要に応じて準備してください。

IELTS Academic 6.5 を取るのはそれなりに大変ですが、自分の今の英語力と目標とのギャップを意識しながらコツコツ勉強していけば、現実的に達成できるスコアです。ニュージーランド留学は移住につながる大きな一歩。皆さんの目標実現のための参考になれば幸いです!